MENU

役立つ情報TOPICS 役立つ情報TOPICS

赤ちゃんから始める正しい姿勢
「 開講!赤ちゃん姿勢教室 」

開講!赤ちゃん姿勢教室

子どもが悪い歯並びになる理由をご存知ですか?

子どもの悪い歯並び

悪い歯並びは、歯科用語では不正咬合(ふせいこうごう)と言います。
不正咬合の原因は遺伝的な要素もありますが、現代のお子さまの多くは正しく噛めていない、飲み込めない、口がぽかんと開いている、姿勢が悪いなどが原因で起こっています。
逆に、早い時期からそれらの発育不足を正しい方向へ導き、理想的な習慣を身につけることができれば不正咬合を未然に防げることもわかってきたのです。

まずは「赤ちゃんの姿勢」から

赤ちゃん姿勢教室の様子

海外では子ども達の不正咬合の原因を改善する活動が積極的に行われているのに、日本ではまだその認知度が低いのが現状です。
「親御さんにこのことを知って欲しい」
その想いから、同じくつくばで小児歯科をされていた全国的にも有名な石田房枝先生にご相談させて頂きました。
石田先生は「0〜1歳の赤ちゃんの時期が一番影響を受けやすいし、軌道修正は早い方が良い」とお話しされ、歯科だけでは不足する情報を補って頂くため、助産師さんも巻き込み、現在の活動の土台となっています(つくば子どもの姿勢・発達研究会)。
お集まり頂いた方々と、子どもの成長発育を正しく導くために、まずは「赤ちゃんの正しい姿勢」にフォーカスし、問題の提起と具体的な解決策を知って頂く姿勢教室を開講しました。

活動のこれから

赤ちゃん教室のこれから

不正咬合を未然に防ぎ健康な歯並びへ導くためには、姿勢だけでなく、嚥下(えんげ:飲み込むこと)、咀嚼、(そしゃく:噛むこと)、鼻呼吸、赤ちゃんは母乳の飲み方、ハイハイの仕方、離乳食の食べ方など、まだまだお伝えしたいことがあります。
それらをわかりやすく、また実践して頂けるよう、お子さまと参加して頂ける実習スタイルの教室にしていきます。

目指すゴールは

まだまだ発足したばかりで発展途上の会ですが、出来るだけ子ども達が矯正治療をすることなく、正しい咀嚼、正しい嚥下、鼻呼吸によって、美しく健康な歯並びになる子ども達を増やしていく活動にしていきたいと思っています。
同じ意志をもった産婦人科、また幼稚園や保育園の関係者さまがいらっしゃいましたら、お話しに上がりますのでお気軽にご連絡ください。

まずは、つくば市の子ども達のために、1つひとつ丁寧に進めて参ります!

次回の赤ちゃん姿勢教室

2017年 5月 11日 木曜日
上記日程で赤ちゃん姿勢教室をいたします。
詳しくは以下のメールまたは電話番号よりお問い合わせください。
メール:lacunamaejima@gmail.com
お電話:029-856-6658
助産院ら・くな 前島

メンバー

うえの矯正歯科 上野 聡
石田歯科元院長 石田 房枝
助産院ら・くな 前島 朋子